買取プレミアム

引っ越し やること

引越しをするきっかけはいろいろありますね。結婚、借りてる住まいの更新時期が来た、転職、入学、就職などといったケースです。これらなどはある程度事前の準備ができてるきっかけですね。

ところが、予期しない突然の引越しもあります。代表的なものが会社の転勤辞令による引越し。1カ月後が一般的ですが、中には銀行など辞令から一週間程度での異動を求められる場合もあります。
引越しは住居の変更が伴うため、文字通り現在の生活が的激に変わります。従って、転居に伴い様々なイベントが紐づけて必要になるため心身ともに膨大なエネルギーが消費されます。

そこで大事になってくるのが、「段取り」ではないかと思います。注意したいのが「抜け漏れ」をなくすことです。
例えば賃貸の場合、引越しの直前で管理会社に連絡したら家賃を余計に払うことにもなりかねません。

次にいつまでにしないといけないかという「デッドラインの把握」です。さらにそれらを少ない労力で効率的に処理できれば理想ですね。
しかしながら、予期しない引越しであればあるほど心理的な動揺や焦りが大きくなり、正しい判断能力が低下する危険もあります。それを防ぐために必要なのが「やることリスト」など、既存の情報で最低限必要な項目を把握し、つぶしていくことになるかと思います。

引っ越し 見積もり

引っ越しには膨大なイベントと付随する手続きが必要です。ネットで検索しても、1カ月前に必要な手続きとか、1~2週間前に必要な手続き、当日に必要な手続きなどに分類された情報がありますが、これらは十分な準備期間がある理想的な場合には大変有効です。

問題は時間が足りない場合です。そういった場合には本当にやらなくてはいけない事と最悪引越しした後でもなんとかなることにざっくり分けてしまうのも現実的です。

例えば粗大ごみの回収。毎週回収日があるものではないので前もって準備しないといけませんが、最悪は引っ越し先で回収してもらうという手もあります。そう考えると気持ちの余裕もでき、本当に必要なことを最優先でする意識に集中できます。

逆に後回しができないのが賃貸契約の解約と荷物の搬出です。賃貸契約は多くの場合、退去日の1カ月前までに申告しないと余計な家賃が発生します。絶対に無視できない金額ですから引越しがわかったら即対応する必要があります。そして、引越しに伴う荷づくりや移送。新居が近くでマイカーがあるなら、自前での搬送も可能ですが、それが無理なら業者に依頼が必要です。

注意が必要なのが、2~4月の繁忙期は業者の手が回らずに業者が捕まらないことです。万一つかまらず契約ができない場合は、期日までに転居できなくなるので、これは絶対に避けなければいけません。

業者連絡して見積もりしてもらうのに、具体的な段ボールの数といった荷物の正確な量や引越し日が確定していなくても「大体の量や時期」がわかるのであれば即連絡を取りましょう。量や時期は後から調整が可能ですが、連絡時期が遅れると場合によっては受付すらできなくなります。これは、いくら当っても搬送先が決まらずにグルグルと街中を走行するしかない救急車と同じです。
救急車は連絡を受けて即対応するので仕方がないですが、自分の行動が遅れたために引越し業者が捕まらなく最悪の事態になったら後悔してもしきれません。

引っ越し業者

転居することが決まり、業者に連絡をする。昔ならタウンワークで業者を当ったりするのが一般的でした。業者に連絡をする場合、順番としては大手が安心と感じるでしょう。上場企業なら管理体制もしっかりしていることが期待できますし、サービスも良さそう。費用もぼられる心配も少ないので。

ところが、必ずしもそうではありません。なぜなら、実際に作業を行うのは作業員であり、大手だから安心とは必ずしも言えません。特に繁忙期になると、正規の作業員の人手が足りなくなり、引越し作業が初めてのアルバイトが行うことも普通にあり得るからです。

また、業者はそれぞれ得意分野、土地勘の地域差があり、自分が済む地域に最適な業者は当ってみないとわかりません。かといって、名前の知らない引越し業者だと不安もつきものです。そんな場合は引越し査定の一括見積サイトを利用しましょう。

引っ越し 見積もり おすすめ

引越し査定の一括見積サービスは、単に引っ越し費用の安さを比較するだけではなく、居住地や荷物の量などに適した業者を絞り込めるという点が特徴で、各業者にいちいち連絡を取る必要がなく、一度のオンライン入力で自分の引越に適した業者が抽出され、業者から連絡がもらえるという点で非常に効率的で無駄がありません。

どの業者に依頼するかをいくら自分で迷っても正解はでない中で、簡易な情報を入力するだけで相手からアプローチがあるのは機会損失を防ぎ、時間を無駄にしない意味でも一括見積サービスは利用する価値があります。
以下は、優良な一括見積もりサイトを店舗数でランキングしたものです。

1位 引越し侍

公式サイトはこちら⇒

業者数320社以上

査定申し込み時に、利用者の47000件以上の口コミとランキングがわかる
引越し料金が最大50%安くなる
最短1分で料金相場もわかる
最大10万円キャッシュバックキャンペーン
東証一部上場株式会社エイチームのグループ企業
JIPDECより「プライバシーマーク」の付与認定

公式サイトはこちら⇒

2位 引越し価格ガイド

公式サイトはこちら⇒

業者数300社以上

最大10万円キャッシュバックキャンペーン
見積もり依頼と同時に料金相場もわかる
最大引越し料金が50%安くなる
東証一部上場株式会社エイチームのグループ企業
JIPDECより「プライバシーマーク」の付与認定

公式サイトはこちら⇒

3位 ズバット引越し比較

公式サイトはこちら⇒

業者数220社以上

引越し料金最大50%OFF
最大12社に無料一括見積
通話料無料の電話問い合わせが可能
ISO27001に基づく管理を行い、情報のセキュリティを確保

公式サイトはこちら⇒

4位 引越し達人セレクト

公式サイトはこちら⇒

業者数210社以上

かんたん30秒でわかる
引っ越し料金が最大55%OFF
引っ越しお祝金最大6万円プレゼント
引越し料金だけでなくサービス内容も比較

公式サイトはこちら⇒

5位 LIFULL引越し見積もり

公式サイトはこちら

業者数=130社

引越し料金キャッシュバック【最大10万円】
引越し料金最大60%割引
最速45秒
国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得

公式サイトはこちら

 

まとめ

引越し一括見積もりサービスのメリットは、インターネットから無料でサービスを利用していただくことができる点と、複数の見積もり料金を比較する事で安い引越し業者を簡単に見つけることができることです。
ただ、便利な反面サービスを利用したことがないと複数業者から電話がくるのはちょっと不安という方もいらっしゃるかもしれません。
その点で「引越し侍」は申込みの前に実際に利用した方から集まった膨大な口コミ情報から気になる業者、気になる都道府県の情報が得られるのは安心です。

  ↓

引越し侍

「電話・メールの受け付けの対応」「訪問見積もりの印象」「運搬作業の質」「見積もり料金の満足度」など紹介していますので引越し業者選びの参考になります。

その他にも、時期ごとの単身・家族別の見積もり料金相場や準備・荷造りの方法、挨拶の仕方など引っ越しに伴う具体的が役に立つ情報を紹介しています(あまりそちらに気が行くと肝心の見積もりチャンスを逸してしまうことになりますので注意です(笑))

 


本格生ビールサーバーで新しい家飲み体験【DREAM BEER】

このサイトの管理人
​​​

大手引越し業者の元営業マンの坂本です。
プライベートでは10回の引越を経験しました。マイホームもって引越すことを目指して奮闘中です。

 

© 2021 引っ越し rss